2016年

6月

17日

高速道路のランプウエイの渋滞を予測しておこう

 渋滞車列の最後尾に後続車が追突する事故がよく起こりますが、その原因の一つには渋滞車両に気づくのが遅れて対応できなかったことがあります。

 

 前方の見通しが悪い夜間などは渋滞していることがわかりにくいのですが、高速道路のランプウエイが渋滞している場合も、対応が遅れがちになりますので注意しなければなりません。

 

 インターチェンジを出ようとランプウエイに入りますが、ほとんどのランプウエイは曲がっていますので、先を見通すことができません。

 

 そのため、高速道路の料金所が混んでいてランプウエイ上に渋滞車列が延びていると、カーブを曲がった先に急に渋滞が現れることになります。

 

 加えて、長い間高速走行をしていると十分にスピードが落ちていないままランプウエイを走行することが多く、発見が遅れたりすると追突事故につながってしまいます。

 

 高速道路からランプウエイに入るときは、渋滞しているかもしれないと考え、十分にスピードを落とすようにしてください。

(シンク出版株式会社 2016.6.17更新)

■運転中の「錯視・錯覚」を意識していますか?

──監修:杉原厚吉(「計算錯覚学の構築」チームリーダー)

 

小冊子「錯視・錯覚に注意して事故を防ごう」は、下り坂が上り坂に見えるなど、運転中におこる錯視・錯覚を具体的に紹介した、事故防止教育教材です。

 

5つの問題に回答を記入したのち、解説を読んでいただくと、「運転中の錯視・錯覚」について簡単に理解していただくことができます。

 

巻末には、「錯視・錯覚」をどれだけ意識して運転しているかを確認できるチェックリストを設けています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。