2016年

8月

01日

高速道路でも歩行者を警戒しよう

 夏に入り、高速道路上でもレジャードライブの車が増えています。

 

 この時期は、慣れない高速道路走行で追突事故を起こしたり、エンストなどのトラブルで路肩に止まっている車を見ることが多いと思います。

 こうした車の側を通過するときは、くれぐれも歩行者が出てくる危険を警戒してください。

 

 さる7月22日午前6時ごろ、三重県津市内の伊勢自動車道で、接触事故のため乗用車から降りて本線を歩いていた26歳の男性が、側方を通過したトラックにはねられ死亡する事故が起こりました。

 

 乗用車は別の大型トラックに接触され、男性が被害状況を確認するために車外へ出て本線を歩き始めたところで事故にあったものです。

 

 高速道路の本線を歩くのは非常に危険であり、皆さんはこんな命知らずの真似は決してしないと思いますが、いくら相手の危険な行動が原因とはいえ、はねた側のドライバーは安全確認に怠りがあったとして、過失致死傷容疑で取り調べを受け起訴されることになります。

 

 高速道路の本線上に停止している車両を見たら歩行者の存在を警戒して、安全確認を念入りに行い、慎重に距離を保って通過するように心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2016.8.1更新)

■運輸安全マネジメント推進のための参考書

運輸安全マネジメント

 運輸安全マネジメントを実施したいと考えているものの、どのように進めていけばよいかよくわからないという運送事業者の皆さんが少なくありません。

 

 本書は、運輸安全マネジメント推進の中心となる「P(計画) → D(実施) → C(評価) → A(改善)」のサイクルについて、実際のトラック運送事業者の実践例を交えながら具体的に解説しています。

 

 事業所における事例をイラストと写真・図解で豊富に紹介していますので、本書をサンプル集として活用すれば、すぐに運輸安全マネジメントを実践していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。