2016年

8月

10日

冷却スプレー後のタバコは厳禁

 夏の炎天下に車を長い時間駐車していると、車内の温度は非常に熱くなっており、すぐに車の中には入るにはなかなか勇気がいりますよね。

 

 こういうとき、車内の温度を下げるために冷却スプレーを吹き付けたり、自分自身に向けて吹きかけたりして、愛用している人も多いと思いますが、使い方を誤らないように注意しなければなりません。

 

 さる7月4日午後3時10分ごろ、名古屋市内の路上で軽貨物車を運転していた男性が車内でたばこを吸おうとして火をつけたところ、運転者と同乗者の身体に火がついて、顔などをやけどする事故がありました。

 

 運転者の男性は、たばこに火をつける前に冷却スプレーを使用しており、スプレーのガスに引火したものとみられています。

 

 ご存じだとは思いますが、冷却スプレーの多くは可燃性のガスが使われているため、換気が不十分な車内で使用した後にタバコに火をつけようとすると、服などに残ったガスに引火する危険性があります。

 

 冷却スプレーガスは長く車内にこもりますので、スプレーを吹き付けた直後は絶対にタバコに火をつけないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2016.8.10更新)

■運輸安全マネジメント推進のための参考書

運輸安全マネジメントを実施すべきことは承知していても、どのように進めていけばよいかよくわからない、という運送事業者の皆さんが少なくありません。

 

本書は、運輸安全マネジメント推進の中心となる「P(計画) → D(実施) → C(評価) → A(改善)」のサイクルについて、実際のトラック運送会社の実践例を中心にしながら具体的に解説しています。

 

事業所の実例を、イラストと写真で豊富に紹介していますので、本書をサンプル集として活用すれば、すぐに運輸安全マネジメントを実践していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。