2016年

8月

18日

見通しの悪い交差点では確実に一時停止を

 さる8月12日午前8時ごろ、岩手県奥州市の見通しの悪い交差点で、出勤途中の女性が運転する軽乗用車と自転車が出合い頭に衝突し、自転車に乗っていた37歳の男性が全身を強く打って死亡する事故がありました。

 

 事故現場は住宅街の交差点で一時停止の標識などはなく、壁などに遮られて見通しが悪かったということですが、なぜ自転車をはねるほどのスピードで進入したのか、疑問を覚えてしまいます。

 

 住宅街の交差点では、家の塀などに囲まれて見通しの悪い場所でも一時停止の標識がないところがありますが、ほとんどの人は一時停止や徐行をしながら交差点に進入していきますので、滅多に事故は起きていません。

 

 ところが、通勤などで毎日利用していると、いつも交差道路から車が来ないので今日も来ないだろうと油断して、最初は一時停止をしていてもだんだん徐行程度で進入するようになります。そして、最終的には徐行もしなくなり、ほとんどスピードを落とさずに通過するようになっていきます。

 

 事故というものは、こうしたときに起きるものなのです。見通しの悪い交差点に進入するときには、どんなときでも確実に一時停止をしてください。

 

(シンク出版株式会社 2016.8.17更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、チェックすることにより、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。