2016年

8月

24日

警報器のない踏切では窓を開けて音を聞こう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる8月22日午前9時前、鹿児島県指宿市のJR指宿枕崎線の踏切で、軽乗用車が1両編成の普通列車と衝突し10mほどはね飛ばされ、乗っていた女性が死亡する事故がありました。

 

 事故現場は、警報機や遮断機も設置されていない小さな踏切であったため、軽乗用車が安全確認を怠ったのではないかと思います。

 

 踏切に警報機だけでも設置されていれば、列車が接近すると音が鳴ってランプが点滅するので、よほどのことがないかぎり踏切内に進入することはありませんが、警報機も設置されていない踏切では、運転者自身で列車の接近を確認することがとても重要になります。

 

 その際、自分の目で直接確認することはもちろん大事ですが、列車が来る方向がカーブになっていたりすると、遠くまで見通せないことがありますので、列車が接近してくる音を聞くようにしなければなりません。

 

 警報機がない踏切では、直前で一時停止して車内で聞いているラジオなどのスイッチを切り、面倒がらずに窓を開けるなどして列車の音を聞くようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2016.8.24更新)

■交通事故が社会に大きな損害を与えることを指導しましょう

事故によって鉄道をストップさせたり、電柱を倒して付近一帯が停電になったり、田んぼに廃油を流出させるなど、社会に大きな損害を与える事故が発生することがあります。

 

小冊子「こんなに大きい!事故の社会的損害」は、ドライバーのわずかなミスや低い安全意識による交通事故が、事故の当事者以外の人にも大きな損害を与え、取り返しの付かない事態に発展することを理解していただくことのできる教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。