2016年

9月

13日

夜間の高速道路で本線上にいるのは危険

ドライバーとしても、歩いている人がいないか注意しておこう
ドライバーとしても、歩いている人がいないか注意しておこう

 高速道路を走行中に事故や故障で路肩などに停止した車の乗員が、本線上に立っていて後続車にはねられたり、停止した車のなかに乗っていて後続車に追突されたりして死亡する事故が相変わらず多発しています。

 

 以前、ある県の高速道路交通警察隊の仕事について同行取材をさせてもらったことがあるのですが、そのとき高速道路の路肩で、本線上を走行している車のスピードを眺めていて、その速さにビックリしたことがあります。

 

 遠くに点のように見えていた車がアッと言う間に近づいて来るのを見ると、本線を走行しているドライバーが前方で歩いている人などを見つけても、ちょっと発見が遅れるととっさに避けるのは難しいのではないかという感想を持ちました。

 

 昼間だったらある程度遠くまで見渡せるのですが、これが見通しの悪い夜間だったら歩行者などがいても、発見するのは非常に困難だと思います。

 

 万が一、夜間の高速道路を走行中に故障などで路肩に停止したら、本線をウロウロ歩いたり、車の中に留まったりせずにすぐにガードレールの外など安全な場所に避難してください。

 

(シンク出版株式会社 2016.9.13更新)

■「2017運行管理者手帳」(トラック、バス版)発売開始

 2017年版より「運行管理者・配車担当者手帳」を「トラック運行管理者手帳」にリニューアルし、新たに「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

 運行管理を行なう上で知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ1冊の手帳に収録しています。カレンダー、メモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

 運行管理者はもちろんのこと、事業主、配車担当者、ドライバーの皆様など、運輸関係のお仕事に携わられている方におすすめの手帳です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。