2016年

9月

15日

多車線道路でも横断者に注意

 横断歩道が設置されていない道路を横断している高齢者が、走行車両にはねられる事故がよくあります。

 

 こうした横断中の事故は、片側1車線か2車線道路で起きており、3車線以上の多車線道路では横断してくる人はいないと思っていませんか?

 

 さる9月5日午前0時35分ごろ、名古屋市の国道で道路を横断していた高齢者が、進行してきた大型トラックはねられ死亡する事故がありました。

 

 現場は、片側4車線の見通しのよい直線道路で、昼夜を通して交通量の多く、近くには信号機のある交差点がありました。

 

 一般的にドライバーは、片側4車線もある道幅の広い道路を走行しているときには、横断歩道もない場所を歩行者が強引に横断してくることは考えていないと思います。深夜の時間帯になるとなおさらではないでしょうか。

 

 今回の事故は、そうした油断が横断歩行者の発見の遅れにつながったのだと思いますが、現実には深夜の時間帯であれ多車線道路であれ、歩行者は無理な横断をしてきています。

 

 深夜の多車線道路を走行しているときであっても、横断してくる歩行者の存在は頭に入れ、警戒を怠らないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2016.9.15更新)

■「2017運行管理者手帳」(トラック、バス版)発売開始

 2017年版より「運行管理者・配車担当者手帳」を「トラック運行管理者手帳」にリニューアルし、新たに「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

 運行管理を行なう上で知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ1冊の手帳に収録しています。カレンダー、メモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

 運行管理者はもちろんのこと、事業主、配車担当者、ドライバーの皆様など、運輸関係のお仕事に携わられている方におすすめの手帳です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。