2016年

11月

02日

車は人を殺す可能性があることを忘れないで

 

 さる10月26日午後4時10分ごろ、愛知県一宮市内の信号のない交差点で、トラックが横断歩道を渡っていた小学4年生をはねて死亡しさせる事故がありました。

 

 トラックを運転していた36歳の男性は、「ポケモンGOを使いながら運転した」と供述しており、運転中にプレー制限を解除していたものとみられています。

 

 この事故をみると、運転していたドライバーは車を動かすことが一歩間違えれば人を殺す可能性がある、ということをまったく認識していなかったような気がします。

 

 車を運転中に「ポケモンGO」をするということは、事故を起こす可能性が飛躍的に高まることは周知の事実であり、そういうことを意識していないことは、その結果起こるであろう人を殺すかもしれないという発想が全くないということです。

 

 重さ1トン以上もある鉄の塊を時速40キロ以上のスピードで動かすのですから、歩行者などに当たったら一たまりもありません。車を運転することは、一歩間違えると人を殺す可能性があるということを常に頭に入れて運転してください。 

(シンク出版株式会社 2016.11.2更新)

■事故が重大な損害を与えることを指導しましょう

ドライバーのうっかり事故であっても、交通事故の態様によっては鉄道をストップさせたり、大規模な停電を誘発するなど、社会に大きな損害を与える事故が発生することがあります。

 

小冊子「こんなに大きい!事故の社会的損害」は、わずかなミスや、低い安全意識による交通事故が、事故の当事者以外の人にも大きな損害を与え、取り返しの付かない事態に発展することを理解していただくことのできる教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。