2016年

11月

10日

スタッドレスタイヤでもスリップに注意

 最近、日本列島の冷え込みが強くなり、北国では雪が降ったりして、雪道や凍結道でのスリップ事故が多発しています。

 

 さる11月3日午後5時40分ごろ、北海道の津別町の国道240号線で、軽乗用車が対向車線にはみ出して、対向してきた大型トラックに衝突し、運転していた女性が死亡する事故がありました。

 

 事故現場は、片側一車線のゆるいカーブで、路面にはシャーベット状の雪が残っていました。

 

 軽乗用車はスタッドレスタイヤを履いていたのですが、スリップして対向車線にはみ出したものとみられています。

 

 この時期は、つい先日まで暖かったのに急に冷え込みが強くなって路面が凍結することがあります。

 

 そのため、運転者は冬道に対する警戒感が十分ではなく、また雪道や凍結路面に慣れていないために、こうしたスリップ事故が多くなります。

 

 雪道では、油断しているとスタッドレスタイヤを履いていてもスリップすることがあります。

 

 雪道のカーブや下り坂などでは、細心の注意を払って運転してください。

 

(シンク出版株式会社 2016.11.10更新)

■雪道・凍結路の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。