2016年

11月

18日

堤防道路では河川敷から上がる歩行者に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる11月16日午後5時40分ごろ、宮崎市の堤防道路を走行していた軽乗用車が横断歩道を渡っていた小学生男児3人をはね、重軽傷を負わせる事故がありました。

 

 小学生は河川敷にあるサッカーコートで練習しており、道路を渡ったところにある公衆トイレに行こうとして横断歩道を渡っていたものです。

 

 堤防道路は、河川の両側に設置されているため一段高くて見通しがよい場所が多いのですが、ドライバーにとってスピードを出しやすく危険な場所となっています。

 

 いくつかの危険要因があるのですが、その一つが下から上がってくる歩行者などが発見しにくいということです。

 

 堤防道路下の河川敷などには公園などが設置されていることがあり、そこで遊んでいる人が道路を横断するために下からから上がってくることがあります。

 堤防道路を走行しているドライバーは、道路下の土手を上がってくる歩行者は見えにくく直前まで気づかないことがあるのです。

 

 堤防道路を走行しているときには、河川敷など下からやってくる歩行者の存在を頭に入れ、警戒を怠らないようにしてください。 

(シンク出版株式会社 2016.11.18更新)

■悪条件下における事故防止をねらいとした小冊子

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「堤防道路」「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントをわかりやすく理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。