■2019年1月 安全スローガン

── 車間距離 しっかり開けて トラブル防止 ──

車間距離を詰めて走行していると、前の車から煽っていると捉えられ、思わぬトラブルになることがあります。安全に感じる車間距離は人によって違うため、できるだけ意識をして十分な車間距離をとるようにしてください。

── 直線道 メーター確認 忘れずに ──

長い直線道路では、ついスピードを出しすぎてしまうことがあります。また、路面の凹凸の少ない道や、トンネルなど周りの景色が単調な場合も運転感覚が狂いがちですので、自分の感覚に頼りすぎずにスピードメーターで速度確認を忘れないようにしてください。

── 運転マナー 人の振り見て 改めよう ──

「人の振り見て我が振り直せ」ということわざがありますが、自分が歩行者の立場のときには、他の人の運転マナーを観察してみましょう。不快な思いをしたときには、自分がそのような運転をしないように気をつけることにより、自身の運転マナーを向上させることができます。

── 降車前 後方よく見て ドア開けよう ──

車から降りる時は、後方をしっかり確認してからドアを開けるようにしましょう。確認を怠って急にドアを開けると、後方から走行してきた二輪車などに衝突することがあり大変危険です。

── 青信号でも 油断は禁物 確認を ──

青信号であるからといって、無防備に交差点に進入していませんか。青信号はあくまでも「進むことができる」という意味ですので、交差点では必ず自分自身で安全を確認してから進むようにしてください。

── 早朝の 路面凍結 慎重に ──

普段あまり雪の降らない地域でも、早朝は路面に雪がなくても橋の上や建物の日陰の部分が凍結していることがあります。最低気温が0度を切るような日に早朝から出発する際には、慎重な運転を心がけてください。

── 日々通る 慣れた道こそ 要注意 ──

毎日通勤に使うような慣れた道では、つい油断して安全確認が疎かになりがちです。そういうときに事故は起こりやすいので、気を引き締めて運転するようにしましょう。

── 運転の なくて七癖 意識しよう ──

「なくて七癖」と言いますが、走行中の操作や運転姿勢など、誰しも自分では気づかない癖があるものです。もし、事故につながる可能性があるような危険な癖があれば、早めに改善するようにしてください。

── 左折時の 二輪車確認 徹底を ──

左折時には、二輪車を巻き込まないように左後方の安全をしっかり確認しましょう。ミラーの確認だけでなく、顔を動かしてしっかりと目視で確認することを徹底してください。

── ベテランも 初心を忘れず 安全運転 ──

運転に慣れてくると、つい自分の力を過信した運転をしてしまいがちですが、ベテランこそ初心を忘れない気持ちが大切です。免許証を取得した当時の気持ちを思い出して、常に緊張感を持って運転してください。

── シートベルト 装着してから 出発だ ──

シートベルトを車を動かしながらつける癖がついていませんか。必ず車に乗り込んですぐ、エンジンをかける前に装着する癖をつけるようにしましょう。

── 運転に 正月ボケは 禁物です ──

お正月明けのこの時期は、なかなかエンジンがかからずボーっとしてしまいがちです。とはいえ、運転に正月ボケは禁物です。しっかりと集中してハンドルを握りましょう。

── 誓います 今年も無事故無違反 継続を ──

新年を迎えました。昨年を無事故無違反で過ごすことができた方は、引き続き今年も継続を目標に頑張りましょう。昨年事故を起こしてしまった方は、心機一転、今年から無事故無違反を掲げて安全運転に努めましょう。

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月24日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。