路上からバックで会社に入るときは自転車に注意

 さる11月24日午後4時ごろ、福岡県春日市でトラックがバックで会社の敷地内に入ろうとした際に、路側帯を走ってきた小学生の自転車をはね、死亡させる事故がありました。

 

 事故の現場は、道幅の狭い片側1車線の道路で、トラックを運転していた男性は、「音がしたがぶつかったと気づかず、そのままバックしてしまった」と話しているということです。

 

 会社の敷地内に車をトラックを入れる場合は、敷地内で方向転換ができない場合には、バックで入れることになります。

 

 その際、後続車がいなければある程度余裕を持ってバックすることができるのですが、後続車が来ているような場合は、待たせることになりますので焦ったりします。

 

 焦った状態でバックしようとすると、安全確認もおざなりになり、進入先をチラッと見ただけで安全だと判断したりしますので、歩道や路側帯を走行してく来る自転車などを見落とす確率が高くなります。

 

 道路上からバックで会社構内に入るときには、焦らず左右の歩道や路側帯から近づいてくる自転車などにも十分に注意して、ゆっくりとバックするようにしましょう。

 

(シンク出版 2021.12.2更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 運行管理に必要な情報を網羅した実務手帳である「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

1月20日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。