2012年

1月

26日

歩行者の立場で自分の運転マナーを振り返ってみよう

「運転マナーを向上させましょう」と言うのは簡単なのですが、実際に実行するのは容易ではありません。


 というのは、日頃から自分の運転マナーが良いのか悪いのかを考えていないために、自分の運転でどこが問題なのか、どのように改善すれば運転マナーが向上するのかわからないからです。


 自分の運転マナーを考える場合には、いちばん手っ取り早い方法は、歩行者の立場で、他の人の運転マナーを観察することです。


 自分が歩行者になったとき、不快な思いをしたことを考えてみてください。たとえば、次のような経験はありませんか?


・横断歩道を渡ろうとしたら、その前を車両が強引に通過した
・横断歩道を歩っているのに、止まってくれなかった
・信号待ちの車が、横断歩道をまたいだ状態で停車していた
・雨の日に泥はね運転をされた。
・歩いているすぐ側をスピードを出して通過した
 
 もし、このようなことがあるなら、自分が運転するときにはそういうことをしないことが、運転マナーを向上させることにつながっていきます。


 このような迷惑を受けたことがあるなら、運転する立場に立って、そうした運転をしていないかを振り返ってみましょう。

(2012年1月26日更新)

「違反だから…」と甘く見ていると、いずれは事故につながります。

 

 「交通違反のリスク診断」は、セルフチェック形式で違反傾向を知ることができる交通違反防止のための教育教材です。

 56の質問に「ハイ、イイエ」で答え、「スピード違反」や「通行区分違反」など、どのような違反を犯す危険性があるかを知ることができます。

 

 【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。