2012年

2月

02日

狭い道では早めに対向車に進路を譲ろう

 狭い道路が延々と続く山道などを走行しているとき、「対向車が来なければいいな」と念じながら運転することがありませんか。


 ある程度運転に自信がある人は、あまり思わないかもしれませんが、運転初心者や運転技術に自信がない人は、そう思いますね。
 そうしたときに限って、対向車がよく現れたりして、ガックリすることがあります。


 こうした場合に、「先に行けば広い場所があるだろう」とか「対向車が譲るだろう」などと安易に考えて運転してはいけません。こういうときに限って、狭い場所で出会ってどちらかがバックする羽目になったりして、すれ違いに手間取ってしまうことがよくあるからです。


 万一、相手の運転者が運転経験が浅い場合にはバックすることも出来ず、道端ギリギリに寄ることも出来なくて、なかなかすれ違えないことにもなりかねません。


 狭い道路を走行しているときの鉄則は、遠くまで目線を向けて対向車の存在を早めに発見することです。そして、対向車が少々遠くにいるような場合でも、自分のほうに広い場所があれば、そこで止まって譲るようにしてください。


 時間がかかるような気がしますが、すれ違えなくてモタモタするとかえって時間がかかりますし、そのほうが安全です。

(2012年2月2日更新)

運転場面に加え、運転者の心理の危険も予測できる

危険予測訓練ツールです

 

 「危険予測訓練12か月」はパワーポイントとPDFファイルを収録した危険予測訓練ツールです。

 1月~12月まで季節に応じた運転場面を用意していますので、季節に応じた危険予測訓練を実施していただくことができます。

詳しくはこちら

過去の朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。