2012年

2月

08日

雪道では「ホワイトアウト現象」に注意しよう

 このところ、寒い日が続いており、各地で大雪になっています。車の運転にとって、雪は大敵ですので、運転するときには細心の注意が必要です。
 
 雪道で運転する場合に、注意する点はいくつもありますが、今日は「ホワイトアウト現象」についてお話をしたいと思います。


 雪晴れの日に、暗いトンネル内を走行していて、急に明るいところに出て行くと、眩しさで一瞬目がくらみ見えなくなることがあります。この現象を「ホワイトアウト現象」と呼んでいます。
 
 ホワイトアウトとは、もともと気象業界の言葉で、雪や雲などによって視界が白一色となり、方向や地形などが識別不能となる現象を言いますが、車を運転していて明るい雪晴れの日に暗いトンネルから急に明るい外に出ていくと、一瞬何も見えなくなることから同じような呼び方をしています。


 逆に、明るい雪道から暗いトンネル内に入ると、しばらく目が慣れずに真っ暗に感じることがあります。この現象を「ブラックホール現象」と呼んでいます。
 
 いずれの現象も、一瞬目が見えなくなりますので、明るい雪晴れの日に車を運転するときには、サングラスと用意しておくとともに、トンネルに入るときや出るときには、前車との車間距離を十分にとり、スピードを落としておく必要があります。

 

(2012年2月8日更新)

交通事故を起こす危険の多くには、運転者の心理的な落とし穴が潜んでいます。

 

「危険予測訓練12か月」は交通場面の危険だけではなく、運転者の心理面の危険も予測する新しいタイプの危険予測訓練教材です。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。