2012年

2月

10日

ヘッドホンを装着した歩行者に注意しよう

   車を運転していて、ヘッドホーンを装着した歩行者に、ヒヤッとしたことはありませんか。


   アメリカの総合情報サービス会社のブルームバークの報道によると、アメリカでも同様な危険な状況が起こっているようで、ヘッドホンを装着して歩行中に重傷を負ったり死亡したりするケースが過去6年間で3倍に増加したことが明らかになっています。

 

 調査結果をみると、2004~05年では16件だったものが、2010~11年では47件に増加しています。調査を担当したメリーランド大学こども病院の研究者の話では、調査対象になった116件のうち34件で犠牲者が事故に遭う前にクラクションなどを鳴らされていました。つまり、ヘッドホンを装着して聴覚が遮断された歩行者は、非常に危険な存在だということです。

 

 ヘッドホン以外にも、スマートフォンを操作しながら歩いて来る人など、最近では電子機器を利用した感覚遮断の歩行者が街中にあふれています。
 アメリカの調査結果を見るまでもなく、聴覚や視覚の感覚を遮断した歩行者は非常に危険な存在です。

 

 ヘッドホンを装着した歩行者に出会ったら、クラクションを鳴らしたから避けてくれるだろう、こちらが近づいているのだから出て来ないだろうなどと考えないでください。

 

 歩行者との側方間隔を十分に取り、いつでも停止できるスピードで走行しましょう。

 

(2012年2月10日更新)

交通テスト

あなたがお探しの「交通テスト」は見つかりましたか?

「違反だから…」と甘く見ていると、いずれは事故につながります。

 

 「交通違反のリスク診断」は、セルフチェック形式で違反傾向を知ることができる交通違反防止のための教育教材です。

 56の質問に「ハイ、イイエ」で答え、「スピード違反」や「通行区分違反」など、どのような違反を犯す危険性があるかを知ることができます。

 

 【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。