2012年

2月

24日

飲酒運転の車に同乗した者も免許が取消される

飲酒運転 同乗

 皆さんご存じのように、酒気帯び運転の車に同乗した場合、「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」という罰則の対象になりますよね。

 

 しかし、罰則はそれだけではありません。
 同乗罪の違反をした者が運転免許証を所有している場合には、「重大違反そそのかし等」をした者として、行政処分の対象となることがあります。

 

 実際の事例をあげてみましょう。茨城県T市の職員が、酒気帯び運転で事故を起こした友人が運転する車に同乗していたのですが、この職員は2年間の免許取消しという行政処分を受けています。
 なぜ、行政処分を受けるのかという疑問を持った人もおられると思いますが、道路交通法にはそのことが規定されています。
 第103条には、「免許を受けた者が、運転者をそそのかして重大違反をさせたり、重大違反をするのを助けたりする行為をしたときには、基準により免許取消し、免許停止をすることができる」と定められています。

 

 酒気帯び運転の車に同乗しても、「免許取消し」などの行政処分を受けるのは運転者だけだと考えていたとしたら、それは大きな間違いです。
 実際には同乗者も運転者と同様に、「免許取消し」などの行政処分を受け、仕事をなくすことがあるということを肝に銘じておく必要があります。

 

(2012.2.24更新)

 セルフチェックシリーズ「飲酒習慣の危険度をチェックしよう」は、自身の「飲酒習慣」、「アルコール依存症の危険」、「飲酒運転の危険度」を自分で チェックし、行動目標を設定することによって飲酒習慣を見直し、飲酒運転の防止を図ることをねらいとした教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。