2012年

2月

27日

チェーン装着は平坦な場所で

  写真は事故現場のニュース映像より
  写真は事故現場のニュース映像より

 冬道走行の必需品と言えば、タイヤチェーンですね。

 

 寒冷地に向って走行しているときに、路面に雪が積もってタイヤがツルツル滑ってくると、これ以上走行できませんからチェーンを装着することになります。
 ただし、タイヤチェーンを装着する場合、次の二つの点に注意する必要があります。

 

 一つ目は、路上で装着しないということです。
 道路左側に車を寄せてチェーンを装着しているときに、後続車に衝突される事故がたくさん起きています。タイヤチェーン装着場やSAなど広い場所で装着してください。


 二つ目は、平坦な場所で装着するということです。
 坂道で装着すると、途中で車が動き出すことがあるからです。

 つい先日(2月18日のことです)、熊本県山都町の山間部の坂道でタイヤチェーンを装着中のトラックが突然滑り出し、ドライバーが死亡する事故が起こりました。
 トラックドライバーは、緩やかな上り坂の途中に停車し、エンジンを切ってサイドブレーキを引いて車を降り、左後方のタイヤにチェーンを装着していたところ、トラックが動き出してガードレールとの間に挟まれたものです。

 路面が凍結した坂道であれば、サイドブレーキに入れていようが、どのギアに入れていようが、車は滑り出してしまいます。
 チェーン装着は、広い平坦な場所で行うことが基本です。

(2012.2.27更新)


運転管理・指導上の不備が、交通事故発生の遠因となることもあります

 

 シンク出版では、パワーポイントソフト「管理者としての危機管理能力を高めよう」を発行しました。

 このソフトは、運転管理上のさまざまなリスク要素が含まれたイラストをみて、どのようなリスクが考えられるかを予測することにより管理者の危機管理能力を高めるソフトです。

 

 【詳しくはこちら】

朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。