2012年

3月

22日

三角停止表示板の収納場所を知っていますか

 高速道路などで、故障や事故などを起こして路肩に停車しているときに、停車中の車に後続車が追突する事故が少なくありません。

 

 そんなとき、ドライバーが非常用の三角停止表示板や発炎筒を使って後続車に警告しなかったために、重大な事故を招いたと判断されると罪に問われることがあります。

 

 ですから、トラブル等で高速道路の路肩に停車した場合には、必ず三角停止表示板を車両の後方に置いてください。
 と言っても、三角停止表示板を置くことは、そんなに簡単なことではないようです。

 

 一つは、三角停止表示板がどこに収納されているかを知らない人が結構いるということです。もう一つは、三角停止表示板の組み立て方や発炎筒の使い方を知らない人もいるということです。
 高速道路で事故を起こした運転者が、三角停止表示板を探している間に、後続車から追突されて大事故になった事例があります。

 

 ですから、出発前に三角停止表示板がどこに収納されているかを確認することはもちろんですが、故障や事故で停止したときに素早く取り出して、後続車に危険を知らせることができるように、三角停止表示板の組み立て方や発炎筒の使い方を習熟しておきましょう。

 

 また、発炎筒には使用期限がありますので、それも確認しておき、古いものであれば、新しいものに取り換えておきましょう。

(2012.3.22更新)

交通事故防止教材のご案内

運転管理・指導上の不備が、交通事故発生の遠因となることもあります


 パワーポイントソフト「管理者としての危機管理能力を高めよう」は、1月から12月の12種類のパワーポイントファイルで構成されています。


 運転管理上のさまざまなリスク要素が含まれたイラストをみて、どのようなリスクが考えられるかを予測することにより管理者の危機管理能力を高めることができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。