2012年

4月

09日

「安易な駐車」 が死亡事故に結びつくことも!

ハザードランプをつけたとしても……
ハザードランプをつけたとしても……

 最近は、駐車監視員の仕事も軌道にのり、幹線道路での放置車両や迷惑駐車はかなり減少しています。皆さんも、多くの車に迷惑がかかるような場所に車を放置することはないと思います。

 しかし、仕事の都合でどうしても駐車しなければならないこともあります。

 そんな場合も、そこが駐車禁止場所かどうかを確認するだけなく、他の車などにどんな影響を与えるか、よく考えてください。

 

 さる4月5日の朝に、横浜市の市道で駐車中のトラックに学校職員の男性のミニバイクが追突し、男性が死亡する事故が発生しました。

カーブの先の駐車車両

 現場は、片側1車線の緩やかな左カーブで、トラックは資材納品のためにハザードランプを点滅させて駐車していましたが、この場所は駐車禁止でした。一方、ミニバイクの男性はトラックに気づくのが遅れたと見られています。

 

 このような事故では、まず、追突した側の前方不注視が原因とされますが、駐車禁止場所での駐車や、カーブの先や坂の上など後続車が気づきにくい場所に駐車したケースでは、駐車車両のドライバーが刑事責任を問われることになります。
 また、駐車車両の使用者や運行供用者にも、事故で死傷した人に対する損害賠償責任が発生することがあります。
 
 「ハザードランプをつけているから気づくはずだ」「交通量が少ないから大丈夫だろう」という安易な考えを捨てて、「ここに駐車したら、どのような危険があるだろうか?」と常に問いかける習慣をつけて、駐車場所を選んでください。

 少しでも危険を感じたら、道路外の駐車場などに入って作業しましょう。

(2012.04.09更新)

ドライバー安全運転指導に適した教材のご案内

もらい事故でも過失

「追突された!」自分が事故の被害者だと思っていたら、過失相殺で思わぬ損害賠償を請求されることが……。

 

もらい事故でもこれだけの過失がある」は、たとえ「もらい事故」と思われるような事故でも、実際には大きな過失割合が発生するとともに、高額の損害賠償が生じた判例を紹介しています。

 

「もらい事故だから仕方がない!」という意識を改め、事故防止の重要性を学ぶ教育教材です。

詳しくはこちら

 

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。