2012年

4月

10日

立体駐車場では子どもの動きから目を離さないこと

 都会のマンションなどでは、スペースがあまりないので、立体駐車場が設置されているところが少なくありません。

 

 さる4月2日、この立体駐車場で、悲惨な事故が起こりました。 
 ニュース報道などでご存じの方もいらっしゃると思いますが、大阪府茨木市にあるマンションの立体駐車場で、母親が機械を動かしている最中に、3歳の子どもが駐車台に乗り移ろうとして転落し、隣にある駐車場の床面との間に挟まれて死亡しました。

 

 こういったタイプの駐車場は、操作盤のボタンを押している間は動き、ボタンを離せば止まる仕組みになっています。ところが、機械を動かしている間中ボタンを押しているのは面倒くさいということで、利用者がボタンにふたのようなものをはめて固定し、手を離しても動くようにするケースがよくあるということです。

 

 今回の事故の場合も、母親が同様の方法で駐車台を上げている最中に起こっており、操作盤から離れた場所にいたということです。もし、自分の手でボタンを押していれば、子どもが動く駐車台に近づいたり転落した時点ですぐに手を離して止められた筈です。そうすれば、死亡事故にはならなかったと思いますので、とても残念です。

 

 子どもは、なかなか親の言うとおりには動いてくれません。立体駐車場を動かすときには、子どもの動きに十分に注意しましょう。それから、手を離しても動くように操作ボタンに細工をするのは、もってのほかです。絶対に自分の手でボタンを押して動かしてください。

(2012.4.10更新)

事故防止教育教材のご案内

多発するバック事故にお悩みではありませんか?

 

 「自分で気づこう!!バック事故の危険」は「大きな事故は起こさないが、駐車場などでバックする時にコツンと当てたりするんだけど…」といったお悩みに答える教育教材です。

 

 4つの運転場面の俯瞰図をみて、設問に答えていただくと、バック走行する際の自身の危険性に気づき、バック時の注意点を理解することができます。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。