2012年

4月

16日

左側からの追越しは事故を誘発!

倉敷市山陽自動車道高速バス追突
クリックすると拡大

 皆さんの中に「よく追越しをかける」という人はいませんか?追越しはいろいろ危険が伴う運転行動です。なるべくなら追い越さないほうが安全ですが、やむを得ず追越しをかけるときには、前後の安全確認と落ち着いた運転操作などの基本を守りましょう。

 左側からの追越しなどはもっての他ですが、高速道路では、左側から追い越していく車も多いので注意が必要です。

 先日も、左側から追い越そうとした車が大きな事故を起こしました。
 さる4月9日夜中、岡山・倉敷市の山陽自動車道下り線で、追越車線を走行していた高速バスが前の遅い車を追い越そうと走行車線に車線変更した際、前を走る大型トラックに追突したのです。

 この事故で、バスの乗客・乗員とトラック運転者など27人が病院に搬送され、うち3人はアゴの骨や両足を骨折する重傷を負いました。

 現場は道口パーキングエリア(PA)の近くで、PAから出て走行車線に乗った直後の大型トラックにバスが追突しました。バスの運転者は「追越車線の車に気をとられて前のトラックに気づくのが遅れた」と供述していますが、左から追い越すような危険な行動をしなければ、事故は起こらなかったと思われます。
 高速道路では、走行車線は速度の遅い車が走行していることが少なくないので、左側から追越しをかけるのは無謀です。ましてやインターやPA出口付近は本線に乗った直後の速度差のある車が多いので、ただでさえ危険な場所です。


 前車が少しくらい遅いからといって、すぐイライラして追越しをかける行為が、いかに危険であるかを事故が教えてくれます。

(2012年4月16日更新)

安全運転指導教材の紹介

★どのような場面で「うっかり」してしまうかを

 知ることで事故防止に役立ちます

 

 チェックシリーズ「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、うっかり事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」の危険度を自分自身で知ることができる冊子です。

 

 自分がどんなとき、他のものに気をとられたり「急ぎの心理」に陥りやすいかを自覚し、自分自身にあった安全運転目標を立てましょう。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。