2012年

5月

11日

信号待ちから発進するときは前車の動きを確認しよう

  交差点で信号待ちをしているときに、青になったから発進しようとすると、前の車がまだ発進していなくて追突しそうになったという経験は誰でもが持っていると思います。
 これは、信号にばかり目線が集中し、前の車の動きをまったく見ていないことが大きな原因です。運転者が急ぎの心理に陥っていたり、焦っていたりしているときに陥りやすい罠ですが、車の車高が関係することもあります。


  たとえば、ワンボックスカーやトラックなどの車高の高い車に乗っているときに、交差点で信号待ちをしているとします。そのとき、前に車高の低い乗用車がいたりすると、信号が変わって発進しようとして、前の乗用車がまだ発進していなくて追突しそうになることがあります。
  これは、車高の高い車に乗っているドライバーの目線が前方の信号に向けられており、下方にいる乗用車の存在が目に入らなかったり、無視しているからです。
  前にトラックなどがいて、その間に乗用車が挟まれているときも同じような状況が起こります。

 

  ですから、どんな状況でも、信号待ちから発進するときは前車が動き出してから発進する習慣をつけてください。

(2012.5.11更新)

交通事故防止教材のご案内

交差点とその付近は、全事故の5割以上を占める事故多発地点です

 

 セルフチェックシリーズ「交差点事故の危険度をチェックしよう」は交差点を「左折」、「右折」、「直進」するときの運転ぶりをセルフチェックし、それぞれの危険度を理解することができる参加型教育教材です。

 

 講習用のパワーポイントとともに好評発売中です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。