2012年

6月

01日

「抗うつ剤」など飲んだら絶対に運転しない

  薬の中には、服用後に眠気を催すものがあり、飲んだら運転しないことが大事だということは、これまでも何度も述べてきました。
 しかし、悲しいことに、こうした種類の事故はなかなかなくなりません。


 先日も大阪府の豊中市で、41歳の男性が病院で処方された強い眠気を催す薬を服用して車を運転中に、渋滞で停止していた車に追突した後、交差点を自転車で通行していた女性を跳ねて負傷させるという事故が起こりました。

 

 運転していた男性は、「朝に薬を2度飲んでから運転した。医者から薬を飲んで運転してはいけないと言われていた」と供述しており、薬の影響で運転操作が難しくなることを認識していながら運転していたとして、危険運転致傷の疑いで逮捕されました。
 男性は、服用すると強い眠気を引き起こす「抗うつ剤」や「睡眠導入剤」など少なくとも5種類の薬を処方されていました。

 

 皆さん方のなかには、市販薬や医者から処方された薬を服用されている方もたくさんおられると思います。日常的に服用している薬なら眠気を催す作用があるかないかは分かると思いますが、初めて飲むような薬の場合には、わからない場合があります。

 

 そういう場合には、必ず眠気を催す作用があるかを確認して、もし眠気を催す作用がある場合には、服用したら絶対に車を運転しないようにしてください。

(2012.6.1更新)

関連記事

事故に結びつく健康リスクを意識しよう②──薬の副作用による危険

交通事故防止教材のご案内

軽い気持ちの不安全な運転行動が、高い事故の代償を生みます

 

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。

 

 本誌は6つの事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の教育教材となっていますので、「こんな運転行動が大きな過失責任を生むのだ」といったことをより深く理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。