2012年

6月

08日

ディーゼルエンジンの特徴を知っていますか

  日頃、ガソリンで走る乗用車に乗っている人は、トラックなどが搭載しているディーゼルエンジンのことは、あまり知らないと思いますので、その特徴を話してみます。


 ディーゼルエンジンは、燃料として軽油を使いますが、これは軽油の着火点が低いことを利用したものです。
 軽油が自然着火する温度はおよそ350度位、ガソリンは500度位と言われています。空気を圧縮すると、温度が400度以上に上がりますから、そこに軽油を吹きこむと、自然に着火して瞬間的に燃え上がり、ガソリンエンジン同様に回転をします。

 

 したがって、ディーゼルエンジンには点火プラグがありません。
 また、ディーゼルエンジンは、常に空気を一杯吸い込んで圧縮しますから、燃料の量で出力を加減しています。


 ですから、アクセルペダルは、燃料ポンプと直結していて、スロットルバルブがないので、ガソリンエンジンのようなエンジンブレーキは効きません。そのため、大型トラックなどには排気ブレーキが取り付けられています。

 

 また、軽油の燃焼速度(シリンダーのなかで燃料が燃える速さ)は遅いので、エンジンの回転はガソリンエンジンほど速く回転しません。
 そのかわり、高い圧縮をつくるためにストロークが長くて燃焼している時間が長いので、低速トルクが大きく、粘りのあるエンジンとなっています。

(2012.6.8更新)

交通事故防止教材のご案内

軽い気持ちの不安全な運転行動が、高い事故の代償を生みます

 

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。

 

 本誌は6つの事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の教育教材となっていますので、「こんな運転行動が大きな過失責任を生むのだ」といったことをより深く理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。