2012年

6月

11日

免許人口当たりの事故発生率は?

免許人口当たりの交通事故発生数

 交通事故の発生状況をみるとき、都道府県単位でどこの県が多いか少ないか、他の都道府県に比べて多いか少ないか、といった点が注目されがちです。

 

 しかし、実際には都道府県ごとに運転免許人口は違いますし、走行している自動車の台数も違います。

 ですから、より正確に事故の発生状況を把握するためには、運転免許保有者数を基準とする「免許人口当たりの事故発生率」や自動車保有台数を基準とする「自動車台数当たりの事故発生率」などから、事故発生率をみてみる必要があります。


 そこで、最近の自動車台数当たりの事故発生率をみますと、1万台当たりの負傷者数は、全国平均で約100人前後となっています。言いかえれば、自動車が100台あれば、1人の負傷者が出ていると言えます。
 また、最近の免許人口当たりの事故発生率をみると、約110人に1件の人身事故が発生しています。

 

 ただし、免許人口当たりの事故発生率にしても、自動車台数当たりの事故発生率にしても、いわゆるペーパードライバーがいたり、あまり稼働していない自動車があったりしますので、実際にはもう少し発生率が高くなるかも知れません。
 これらの事故発生率を自分の職場の事故発生率に照らし合わせてみれば、全国平均に比べて事故が多いか少ないか、だいたいわかりますので、一度比較してみてください。

(2012.6.11更新)

安全運転指導教材のご案内

軽い気持ちの不安全な運転行動が、高い事故の代償を生みます

 

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。

 

 この冊子は6つの事故事例に基づいて、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の教育教材となっています。「ちょっとした軽い気持ちでした運転行動が、結果として重大な過失責任を生む!」という事実をより深く理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。