2012年

6月

19日

ワンツースリーで歩道の自転車を確認しよう

歩道自転車衝突

 細い住宅街の路地などから幹線道路に左折して合流するとき、あなたは、どんなことに気をつけますか?こうした場所では、見通しが悪いため、左側から歩道をやってくる自転車との衝突事故が多発しています。

 
 交通事故総合分析センターの行った事故分析によると、このような交差点事故の9割以上は、ドライバーが車道を走る右側の車が気になり、左側の歩道を確認しないことが原因ということです。一時停止をしながら発進後に衝突している例も少なくありません()。

 

 そこで提案ですが、こうした場所では一時停止も3段階にわけて、ワン・ツ-・スリーのリズムで、確実に左側を確認してはいかがでしょう。


ワン① 停止線での停止──左右はあまり見えませんが、まず、停止線手前で一時停止します。
ツー② 見せる停止──ソロソロと車体を少し出したところで停止して、歩道からくる自転車などに車のバンパーを見せましょう。こちらから自転車が見えなくても、相手が警戒します。
スリー③ 見る停止──もう少し車体を出して停止し、左右を確実に確認します(右側だけ見るのは禁物)。
 
 面倒くさいようですが、実はわずか数秒ですみます。確実に確認するクセが身につけば、自転車も当たってこないし、リズムよく行動できるようになりますので、ぜひ実践してください。

安全運転キーワード

  (※「交通安全教育に役立つ自転車事故分析」交通事故総合分析センター/平成24年3月

 発行─より

(2012.6.19更新)

うっかり事故防止教材のご案内

 セルフチェックシリーズ2「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、うっかり事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」の危険度をチェックするドライバー教育教材です。

 

 この冊子は、自分がどのようなときに急いだり、わき見したり、思い込みに陥りやすいかをチェックし、具体的な安全目標を立てることで、ドライバーの自覚を促す教育教材です。

 

【活用方法はこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。