2012年

7月

09日

物損事故の届け出─得はあっても損はない

物損事故

 皆さんのなかで、車同士の物損事故を起こした時、警察に届けずに現場で相談して示談したという経験のある方はおられますか?

 当事者同士で相談して納得できれば、それでいいではないかと思われるかも知れないですが、道路交通法では人身事故でなくても交通事故の報告が義務づけられていますから、必ず、警察官に報告しましょう(道路交通法72条1項)。

 物損事故は、電柱を破壊するなど公共物を壊した場合や電車を止めて広く社会に迷惑をかけるような事故の場合以外は、報告しても何のおとがめもありません。

 

 車同士の物損では違反点数は付加されないし、罰金・反則金も課せられません。運転経歴にもキズがつかないのでゴールド免許も継続します。
 警察官は物損事故の調査をした後は当事者に任せます。ただし、事故証明を発行してもらえるので、保険の事務がスムーズに進みます。さらに万が一、相手方や自分に事故の後遺症が発生して、人身事故に切り替える必要ができたときも、事故届けがあれば簡単にできますが、届けがない場合はこじれることが多いのです。

 業務中の物損事故を報告しないでウヤムヤに済ませていると、後で事故の事実が発覚したとき、「会社が事故隠しをしていた」と疑われ、企業としての社会的信用を失うこともあります。

 昨年、名古屋市バスが過去何年にもわたって物損事故を警察に届けずに処理していた事実が発覚し、道路交通法違反で捜索を受けるとともに、大きな社会的批判を浴びました。


 物損事故を隠しても、何の得もないばかりか、むしろ損をすることが多いので、事故を起こしたらすぐに警察署に報告してください。

事故隠しの危険

(2012.7.9更新)

交通事故防止指導教材のご案内

バック事故防止

バック事故で悩んでいませんか?

 

 小冊子「自分で気づこう!!バック事故の危険」は、駐車場や構内などでのバック事故の危険をチェックする、バック事故防止教材です。

 自分がバックするとき見落としやすい部分がないか等を点検することで、バック事故の危険性に気づくことができます。

【詳しくはこちら】

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。