2012年

7月

11日

Uターン時には後方のバイクに注意!

Uターン事故

 皆さんは交差点や広い道路でUターンするとき、どんなことに気をつけていますか?
 
 「まず、Uターン禁止場所ではないかをチェックする」

 そうですね。次に気になるのは、
 「対向車が途切れたかどうかチェックする」ではないでしょうか?
 そして、自分が道路の中央に寄っていて、対向車がいないと、安心してUターンしてしまう人が多いのでは?しかし、対向車より危ないのが後方からくるバイクです。
 
 Uターン時に、こんな事故が発生しています。


※Uターンの車に衝突、バイクの高校実習助手死亡
 2012年6月26日、午後7時40分頃、水戸市の国道号で県立高校実習助手(25)のバイクが、前方でUターンしようとした乗用車に衝突、この助手は出血性ショックで死亡しました。
 現場は信号がある片側2車線の直線道路。交差点内でUターンしていた車の側面に、バイクが衝突しました。

※箱根新道でトラック転回中に自動二輪車が衝突し男性死亡
 2012年3月25日午後0時50分ごろ、神奈川県箱根町の箱根新道の下り坂で、Uターンしようとしていたトラックに後方からきた自動二輪車の男性(42)が衝突、男性は胸などを強く打ち間もなく死亡しました。トラックは「荷物を取りに戻るため」Uターンしようとしていました。

 二輪車のスピード等にも問題があったかも知れませんが、Uターンする側が後方の安全確認を十分にしていれば、相手をやり過ごして事故を防ぐことができたことでしょう。


 交差点中央や道路のセンターライン付近にいると、右後方から追い越す車はいないと思い込み、ターンしてしまいがちですが、二輪車などが来ていると衝突する恐れは十分にあります。今年4月から、矢印右折信号でUターンが可能になりましたので、なおさら気をつけてください。


 ちなみに、四輪車がUターンしようとして後方の二輪車と衝突したときの基本の過失割合は9対1と言われます。それだけ、Uターンは危険な行為であることを意識しましょう。

(2012.7.11更新)

交通事故防止教材のご案内

不安全な運転行動

軽い気持ちの不安全な運転行動が、高い事故の代償を生みます

 

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。

 

 本誌は6つの事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の教育教材となっていますので、「こんな運転行動が大きな過失責任を生むのだ」といったことをより深く理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。