2012年

8月

01日

車内での音楽はほどほどのボリュームで楽しむ

 皆さんの中には音楽の好きな人も多いことと思います。一人で運転するときに音楽をかけて、大きな声で歌ってストレスを解消している人もいるようです。


 しかし、あまり大きな音で音楽をかけることは安全運転にとって好ましくありません。運転するときには五感を働かして周囲の状況を確かめながら運転しなければなりませんが、音も重要な要素です。

 

 とくに、四輪車の場合は窓を閉めて運転することが多いため、音が聞こえにくく、周囲の状況がわかり辛くなります。それに加えて大きな音で音楽を鳴らすと周りの音はほとんど聞こえなくなってしまいます。

 

 大きな音で音楽を鳴らしていると、周囲の状況がわかりづらいだけでなく、緊急自動車のサイレンや他車のクラクションの音が聞こえなくなってしまい、他の人にも迷惑をかけることになります。

 

 また、音楽に気をとられ過ぎると、肝心の安全確認が疎かになってしまいます。車内で音楽を聞くときは、周りの音が聞こえる程度のボリュームに調整して、あまり音楽に気をとられ過ぎないようにしてください。

(2012.8.1更新)

交通事故防止教育教材のご案内

軽い気持ちの不安全な運転行動が、高い事故の代償を生みます

 

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。

 

 本誌は6つの事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の教育教材となっていますので、「こんな運転行動が大きな過失責任を生むのだ」といったことをより深く理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

交通安全朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。