2012年

8月

09日

自転車でも飲酒運転は違反です

 皆さんのなかに、自転車なら「飲酒運転をしても大丈夫」と思っている人はいらっしゃいませんか。


 確かに、酒を飲んで自転車に乗っていても、検挙されたという例は滅多に聞きませんので、大丈夫なんだと勘違いされる人もいると思いますが、実は自転車でも飲酒運転は禁止されています。

 

 道路交通法の第65条第1項には、「酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と定められており、この車両等のなかには、軽車両である自転車や路面電車なども含まれているからです。

 

 ただ、軽車両については「酒酔い運転」のみが罰則の対象となっていて、「酒気帯び運転」は除外されているので、自転車なら飲酒運転をしても大丈夫と思っている人もいるのではないかと思います。

 

 しかし、法律をみればわかるように、自転車でも「酒酔い運転」に匹敵するほど飲酒していれば、検挙されることがあります。


 さる8月1日、福岡県の北九州市で酒を飲んで自転車に乗っていた男性が、乗用車と接触事故を起こし、道路交通法違反(酒酔い運転など)の容疑で、小倉区検に書類送検されました。

 事故当時、自転車を運転していた男性から呼気1リットル中0.55ミリグラムのアルコール分が検出され、正常に歩けないほど酔っていました。

 

 自転車も、自動車と同様に飲酒運転は禁止されています。重大事故につながるケースもありますので、飲酒したら自転車に乗らないで、押して帰るようにしてください。

自転車事故を防ぐ安全運転指導資料のご案内

 軽く考えていませんか?自転車事故!」は、四輪車が自転車と衝突する代表的な事例を6つ取り上げています。

 事例ごとにドライバー、自転車利用者双方にどのような過失があったかを考え、どのような不安全行動が事故に結びついたかを解説しています。

 

 過失割合と損害賠償額も明示しています。

 

 四輪車対自転車事故の損害の大きさを理解することができ、ドライバー、自転車利用者双方の教育に活用できる教育用教材です。

 

 

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。