2012年

8月

10日

高速道路での居眠り、わき見運転に注意しよう

  今年1月から6月までの半年間の高速道路における交通事故の発生状況が発表されました。
 これによりますと、全国の高速道路で起きた死亡事故は、前年同期に比べて19件(25%)増えて95件に上り、死者数も21人増の108人となっています。


 事故類型別にみますと、追突事故がほぼ倍増しているのが特徴となっています。渋滞最後尾に停止している車に追突したり、故障などで停止している車に追突するなど、居眠り運転やわき見運転が原因とみられる事故が目立っています。


 これから、帰省やレジャーなど高速道路を走行する機会が多くなります。高速道路ではちょっとしたわき見でも、その間にかなりの距離を進んでいるということを頭に入れて運転してください。


 また、高速道路では「停止している車はいない」という考えを持ちがちですが、そういう考え方で運転していると、一瞬停止車両の発見が遅れます。その一瞬の差が追突事故になるかどうかの境目になりますので、常に「前方に停止している車がいるかもしれない」と考えて運転しましょう。
 夏場は、寝不足なども手伝って体力も消耗しがちです。目的地に早く着こうと無理なスケジュールで運行していると、居眠り運転を起こす危険があります。ゆとりのある計画を立て、十分な休憩を取りながら運転してください。

(2012.8.10更新)

交通事故防止教材のご案内

 「危険予測訓練12か月」は交通場面の危険だけではなく、運転者の心理に潜む危険も予測する新しいタイプの危険予測訓練ツールです。

 

 季節特有の危険要素を取り入れた問題場面を12か月分(12シート)用意していますので、時宣に応じた危険予測訓練を実施することができます。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。