2012年

8月

16日

覚低走行に陥らないために

 交通量の少ない高速道路を長時間走行していると、目から受ける刺激が少なくなり、運転操作なども単調になることから、目線を前方の一点に集中させて運転するようになります。


 こうした状態が続くと、次第に注意力が低下して、完全に寝てはいないけれども意識のレベルが下がっている状態になります。こういう状態を「覚低走行」と呼んでいます。

 

 「覚低走行」に陥ると、前方を見ているつもりでも、実は「見えていない」「見ていない」という状態になり、非常に危険な兆候になっています。

 

 高速道路で渋滞で停止していた最後尾の車両に、後続車が追突する事故がよく起こりますが、実は後続車のドライバーは、「覚低走行」に陥っているケースが少なくないのです。

 

 「覚低走行」に陥ったドライバーは、前方にいる車が走行しているのか停止しているのかを直近になるまで判断できません。停止していると気づいたときにはすでに遅く、急ブレーキを踏んでも間に合わずに追突しているのです。


 お盆の帰省シーズンを迎え、各地で渋滞が発生します。その後尾車両に追突しないためにも、少しでも注意力が低下してきたなと感じたら、ガムを噛むなど意識レベルを上げる措置をとりましょう。
 そして、それでも改善しないときには、思い切ってSAなどで休み、気分転換をはかるようにしてください。

(2012.8.16更新)

■運転時の危険な落とし穴に気がついていますか?

事故の原因を突き詰めていくと、その背景には「急いでいたので無理な車線変更をしてしまった」など、運転者の危険な心理が潜んでいます。

 

自己診断テスト「運転者心理に潜む危険をチェックしよう」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくと、運転者心理に潜む6つの危険について診断することができます。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。