2012年

8月

17日

「危険認知速度」って知っていますか?

   皆さん、事故統計などに見られる「危険認知速度」と言う言葉を、ご存知でしょうか?


 これは、交通事故の当事者になった自動車などのドライバーが、相手車両などの危険を認知して、ブレーキやハンドル操作などの危険回避措置をとる直前までの走行速度のことで、「事故直前速度」などとも呼ばれています。

 

 これは、事故車のブレーキ痕や損壊の程度、事故当事者の証言などから、事故の直前のスピードを推測したものですが、このスピードが高ければ、当然死亡事故につながりやすくなります。

 

 たとえば、自動車と歩行者の事故で、危険認知速度が40キロを超えると、死亡事故の割合が急に増加し、時速50キロになると時速40キロの2倍も高くなることがわかっています。

 

 ドライバーのなかには、危険を回避する場合に、すぐにハンドルで避けようとする人がいますが、これは非常に危険な運転行為です。万一、危険を避けられたとしても、車のコントロールを失って路外逸脱などにつながりやすいですし、避けられなかった場合には、スピードを出したまま衝突することになり、重大事故につながりやすくなるからです。


 前方に、危険を感じたら、まずブレーキを踏んでスピードを落とすことが大事です。事故直前のスピードが5キロでも10キロでも落ちていれば、それだけ衝撃力が少なくなり、被害も軽減されるからです。

(2012.8.17更新)

事故防止教材のご案内

「危険予測訓練12か月」は交通場面の危険だけではなく、運転者の心理に潜む危険も予測する新しいタイプの危険予測訓練ツールです。

 

 季節特有の危険要素を取り入れた問題場面を12か月分(12シート)用意していますので、時宣に応じた危険予測訓練を実施することができます。

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。