2012年

8月

24日

車外放出を防ぐにはシートベルトが必要

 夏休みのレジャーやお盆の帰省などでも交通事故が多く発生したようです。ニュースを見ていて気になったのは、自損事故や接触事故などから派生した中央分離帯への衝突事故などで、後部座席から車外放出されている人が多いことです。

 車外に放出された人の多くが、死亡するか、頭蓋骨骨折などの重傷を負っています。8月9日に長野県駒ケ根市で追越し中に2台の車が衝突した事故では、6人が死傷しましたが、死亡したのは車外に投げ出された高齢者1人であとの5人は軽傷でした。


 また、お盆の15日に高知県の国道で横転した車の後部座席から投げ出された男の子が死亡した事故でも、他の乗員4人は軽傷を負っているだけです。
 いずれも、亡くなった人はシートベルトをしていなかったと見られています。後部座席のシートベルト着用率は、義務化された後も低い割合で推移し、一般道路ではまだ3人に1人の割合です。

 全員がシートベルトを着用していたお陰で、軽傷や無傷ですんだ事故はたくさんあります。後部座席でシートベルトを着用していると車外放出の危険性は約26分の1に減少するというデータもあります。


 どうか、ドライバーの皆さんは、業務で同僚や上司を乗せるとき、あるいは家族を乗せるときにも、後部座席のシートベルトを必ず着用させるようにしてください。

(2012.8.24更新)

交通事故防止教育教材のご案内

どのような交通違反を犯すリスクが高いかを診断します

 

 「交通違反のリスク診断」は、セルフチェック形式で違反傾向を知ることができる交通違反防止のための教育教材です。

 56の質問に「ハイ、イイエ」で答え、「スピード違反」や「通行区分違反」など、どのような違反を犯す危険性が高いかを知ることができます。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。