2012年

8月

27日

安全な「わき見」を意識しよう

  「わき見運転」は、交通事故の大きな要因になっており、安全運転をするためには、運転中に「わき見」をしないことは重要な要因になります。

 しかし、運転中に進行方向だけを見て、まったく「わき見」をしないことは不可能です。

 

 というのは、運転しているときには、どうしてもしなければならない「わき見」もあるからです。
 たとえば、ルームミラーを見て後続車の状況を確認したり、サイドミラーを見て側方の安全を確認したりするときには、どうしても進行方向から目をそらすという「わき見」状態が生じます。この他にも、案内標識や看板などを見たりする場合も、「わき見」をしています。

 

 運転中は、常にこのような「わき見」をしているわけですが、これが事故に直結しないのは、「わき見」をしても比較的安全な状況を判断して見たり、進行方向から目をそらしてもすぐに目線を元に戻すことをしているからです。

 

 逆に、危険な状況に陥るのは、安全でない状況で「わき見」をしたり、長時間「わき見」をしているときです。
 運転中は、どうしても安全確認など「わき見」が伴います。そのときに、無意識に進行方向から目をそらすのではなく、「今、わき見をしても大丈夫か」ということを常に意識して、安全確認をしてください。

(2012.8.27更新)

交通事故防止教材のご案内

 本冊子は、うっかり事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」運転をしやすいかどうかを自己チェックし、その結果を元に、どうすれば「うっかり事故」を防止できるかを、自分で気づくことをねらいとした教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。