2012年

10月

11日

【シンク出版のページ】「わき見」をするとプール1個分進む

一回のわき見でプール1個分進む
一回のわき見でプール1個分進む

 車を運転しているときに、カーナビのスイッチを触ったり、歩道を友だちが歩いていたりするとそちらを見たりと、つい「わき見」をすることはよくありますね。


 自分では、ほんのちょっとの時間「わき見」をしているだけと思っているのでしょうが、意外と長い時間「わき見」をしています。
 短い「わき見」でも約1秒程度、長くなると3秒以上前方から視線を離しています。平均すると約2秒間前後「わき見」をしていると考えてもよいと思います。

 2秒間「わき見」をするということは、2秒間前を見ずに走っていることです。

 

 よく言われることなのですが、「車を運転しているときに、2秒間目をつぶって運転できますか」と問うと、ほとんどの人は「とても怖くてそんなことはできない」と答えられると思います。そんな怖いことを、平気でしているのです。


 では、2秒間の「わき見」で車はどれだけ進むのでしょうか。

 

 たとえば、時速50キロで走行しているとしますと、1秒間で約14m進むので、2秒間で約28m進んでいることになります。時速40キロなら1秒間で約11m進みますから、2秒間で約22m進みます。

 

 小学校にあるプールは25mありますので、1回の「わき見」でプール1個分進むと覚えておきましょう。

(シンク出版㈱ 2012.10.11更新)

どのような運転場面で「わき見」をするのかチェックすることができます

 セルフチェックシリーズ「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、うっかり事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」の危険度を自分自身で知ることができる事故防止教育教材です。

 

 どのような交通場面で「わき見」をしやすいかを自覚することができ、具体的な安全運転目標を立てることで、「脇見運転による事故」をはじめとした「うっかり事故」の防止をはかることができます。

 

【詳しくはこちら】

 

過去の交通安全事故防止朝礼話題 
運行管理者・配車担当者手帳 メディア紹介

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。