2012年

11月

02日

停止禁止標示部分に入っていませんか?

  道路が混雑していたり、信号待ちの車列が長く続いていて、気がつくと消防署などの前に標示してある「停止禁止部分」に入って停止してしまった、という経験は誰でもあると思います。


 皆さんご存じのように、この標示があるところは緊急自動車が出入りする場所に設けられており、ここに車が停止していると一刻を争う緊急時に消防車や救急車が出ていけないからです。

 

 運転している人は、そういう事情は百も承知だと思いますが、それが守られないのは、心のどこかに「信号待ちの間だけだから」とか「すぐに動くから、その間に消防車が出動することはないだろう」といった、どこか甘えの気持ちがあるのだと思います。

 

 確かに、「10回停止したら10回とも何も起こらなかった」ということになるかもしれませんが、だからと言って、いつでも止まってよいというわけではありません。

 自分が「停止禁止部分」に入って停止している間に、消防車が出動してきたらどうしますか。確率は非常に低いかもしれませんが、絶対にないとは言えません。
 消防署などの前を通過するときには、常に緊急自動車が出動するということを意識しておきましょう。そうすれば、気がついたら「停止禁止部分」に入って停止していた、ということはなくなると思います。

(シンク出版株式会社 2012.11.02更新)

運転者への安全運転指導教材のご案内

自分自身の「運転に対する

心構え」をチェックしよう

 
 ドライバーにとって大切なことは、運転に対する「心構え」です。

 この教材は、「交通弱者に対する意識」、「自分自身を律する意識」、「法令遵守の意識」など運転に対する6つの心構えを、48の質問に「ハイ」、「イイエ」で答えることにより診断することができる自己診断テストです。

【詳しくはこちら】


■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。