2012年

11月

05日

運転免許証を持っているのに無免許運転になる?

 運転免許証を持っていなくて自動車を運転すると、当然「無免許運転」になりますが、運転免許証を持っていても無免許運転になるケースがあります。
 いちばんわかりやすい例としては、自分が持っている運転免許証で運転できる自動車以外の車を運転する場合です。


 たとえば、普通免許を持っている人が大型自動車を運転したり、自動二輪車を運転する場合です。普通免許を持っていれば原付自転車を運転することができますので、つい自動二輪車も運転できるのではないかと勘違いする人もいます。

 また、けん引免許を持っていないのに、車両総重量が750キロを超える車をけん引するようなケースや、第一種免許しかないのに代行運転車やタクシ―などの第二種免許を必要とする自動車を運転するケースもあります。


 こうしたケースは、自分が持っている運転免許証で運転できる自動車の種類を把握していれば防ぐことができますので、どんな自動車が運転できるかしっかりと確認しておきましょう。
 また、運転免許が停止されている期間中に運転した場合も「無免許運転」になりますので、絶対に運転しないでください。


 いずれにしても、無免許運転は非反則行為にあたりますので、反則金制度の適用ではなく、1年以下の懲役又は30万円以下の罰則が適用されます(※)。
 運転免許証を持っているのに、つい無免許運転をしてしまったということがないように注意してください。

(シンク出版株式会社 2012.11.5更新)

 

 ※2013年12月1日より「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」に強化

運転者への安全運転指導資料のご案内

運転の心構えを自己チェック!

 

 安全運転で大切なことは、運転に対する「心構え」です。

 

 このチェック教材は、「交通弱者に対する意識」、「自分自身を律する意識」、「法令遵守の意識」など運転に対する6つの心構えを、48の質問に「ハイ」、「イイエ」で答えることにより診断することができる自己診断テストです。

  【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。