2012年

12月

14日

道を間違えそうになって急ハンドルを切るのは危険!

   車を運転しているときに、交差点や分岐点などで道路を間違えそうになることは誰でも経験していると思います。
 そのとき、皆さんはどのような運転をするのでしょうか。
 
 強引に目的地の道路に進入していくという人もいれば、あきらめていったん間違えた道路に行って、Uターンできる場所で戻るという人もいると思います。
 どのような運転行動をとるのかは、間違いに気づいた地点やそのときの交通環境、先を急いでいるかどうかなどの条件によって違ってくると思いますが、あまり急激なハンドル操作をすると事故を招くことがあります。
 
 さる12月4日、神奈川県の横浜新道上り線で、ワゴン車が道路の分岐点の手前で道を間違えそうになって左に急ハンドルを切って、側壁に衝突して炎上する事故が発生しました。
 詳しい状況はわかりませんが、間違いに気づいた地点はすでに本来行くべき道路に進路を変えるには、あまりにも距離が短かすぎたのだと思います。
 
 道を間違えそうになって、あわてて進路変更をするのは周りの車にも迷惑をかけるだけでなく、事故を起こす原因を作ることにもなります。
 「アッ、間違えた」と思っても、ゆとりを持って進路変更ができそうになければ、絶対に無理をしてはいけません。そのまま進んで行き、後で元に戻る方法を考えましょう。

(シンク出版株式会社 2012.12.14更新)

運行管理者・配車担当者のための専門手帳 2015年版

 運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊に収録した手帳です。

 

 また、巻頭には年間・週間カレンダーがつき、メモ帳も充実していますので、スケジュール手帳としても万全の内容です。

 

 2015年版からは、一部の資料について弊社のWEBサイトからより詳しいデータをダウンロードしていただけるようになりました。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。