2012年

12月

26日

危険感受性を高めよう

こんな車には近づかない
こんな車には近づかない

 つい先日、車を運転しているときに、前方の隣車線を荷台の貨物が崩れしそうになりながら走行しているトラックを見つけました。そのトラックと距離を取りながら追従していると、後ろから来た車がトラックの後ろを車間距離もとらずにピタッと接近して追従していきました。
 
 もし荷物が落ちてきたらどうするのだろう、どのように避けるだろうとハラハラして見ていたのですが、トラックの後ろを追従しているドライバーは、一向に離れるそぶりを見せずにそのまま追従していきました。
 
 確かに、前のトラックはスピードが遅くて、早く行けとばかりにあおりながら追従していて、荷物の落下という危険まで考えていなかったのかもしれませんが、もし、そうであれば危険感受性があまりにも低いと言わざるを得ません。

 事故を起こすか起こさないか、事故に遭うか遭わないかの分かれ道は、運転しているドライバーの危険感受性が高いか低いかの差にあります。


 危険があるのがわかっているのに近づいていくのは、わざわざ事故に巻き込まれにいくようなものです、
 交通場面には、さまざまな危険な要因があります。その危険を確実に感じとり、近づかないようにすることが事故防止の第1歩です。

(シンク出版株式会社 2012.12.26更新)

■交通事故防止教材のご案内

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

過去の交通安全朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。