2013年

1月

08日

平成24年中の交通事故死者数 速報

平成24年中の交通事故発生状況──全国 (警察庁交通局調べ)

項 目 人数・件数 対前年比
 死者数
  4,411人   -201人(-4.4%)
 発生件数   664,907

  -27,030 件(-3.9%)

 負傷者数
  824,539
  -29,954人 (-3.5%)

 ※ 発生件数・負傷者数は速報値 (後日、確定値が公表されます)


死者数は62年前の水準に減少

●警察庁のまとめによると、平成24年中の全国の交通事故死者数は4,411人で、前年より201人減少し(-4.4%)12年連続して減少しています。死者数は昭和26年(1951年)の水準であり、発生件数と負傷者数も8年連続して減少しています。

 

●死者数の月別推移をみると、平成24年は10月まで毎月前年を下回る死者数でしたが、11月と12月は前年より増加しています。12月の1か月間の死者数は502人で、最低だった6月の301人と比べると、1.67倍にもなっています。

 

平成24年 月別交通事故死者数

依然として高い高齢死者の割合

平成24年中高齢者の死者数

●高齢者(65歳以上)の死者数の推移をみると、平成24年中は2,264人で前年と比べて27人(1.2%)減少しました。

●高齢者のなかで75歳以上の高齢者では8人増加(0.5%増)していますので、対比が目立っています。

●高齢者が死者全体に占める構成率は51.3%となって、23年には49%まで低下していたものの再び5割を上回りました。

●交通死亡事故の2人に1人は高齢者の被害であり、非常に高い水準にあります。

 

●都道府県別の交通事故死者数をみると、死者数が最も多いのは愛知県の235人、2位は 北海道と埼玉県の200人、次いで4位は東京都の183人、5位は大阪府182人の順となっています。

 

●死者数の少ない都道府県は、トップが鳥取県の30人、以下徳島県32人、山形県37人、福井県37人、長崎県39人などとなっています。

 

●都道府県別の発生状況については、下記のエクセルファイルをダウンロードして参照してください。

 

平成24年中の都道府県別交通事故死者数
警察庁発表の速報値(エクセルファイル)
24jikosisha.xls
Microsoft Excelシート 39.0 KB
平成24年中 都道府県別交通事故死者数

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。