2013年

1月

30日

自動車事故の際、肥満体の人は死亡率が高い

 最近、自動車事故の際に、肥満体の人は標準体重の人に比べて死亡する率が高いという論文が、アメリカで発表されました()。

 

 カリフォルニア大学バークレー校とウエストバージニア大学の研究チームが、1996~2008年の自動車同士の事故から、当事者が同様の大きさ・種類の車を運転していた事故のみに対象を絞り、死亡者を体格指数(BMI)でグループ分けして死亡率を比較したものです。

 

 BMIの指数は、体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割って算出しますが、18.5未満は「痩せすぎ」、18.5~24.9が「標準」、25.0~29.9は「太りすぎ」、30.0以上は「肥満体」とされています。

 

 研究データによりますと、BMI30~34.9の肥満体の人は、標準体重の運転者に比べて死亡リスクが21%増加し、35~39.9では51%増加、40以上の極端な肥満体の人の場合には80%の増加しています。
 
 この原因としては、肥満体の人はシートベルトの締付けを嫌ってキチンと装着していない、車の安全設計に問題があるなどの可能性が指摘されていますが、何と言っても、腹部の脂肪がスポンジパッドのような役割を果たして、シートベルトが締まるまでの時間がかかることが一番の原因のようです。

 

 太りすぎは、健康面からも問題があると指摘されていますが、自動車事故の際にも支障があるようです。気をつけましょう。

(2013.1.31更新 シンク出版株式会社)

交通事故防止教育教材のご案内

「ワン・ツー・スリー」のキーワードでわかる

トラックドライバー教育資料の決定版

 

 「運行管理者のためのドライバー教育ツール」は、国土交通省告示:「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」の11項目に準拠したトラック乗務員教育資料です。

 本誌によって毎月計画的に「指導・監督」を実施し「安全教育記録」を残すことができ、「ドライバー教育資料」は、3コマのイラストとワン・ツー・スリーの3つのキーワードで、わかりやすく頭に入るドライバー教育ツールとなっています。

 

【詳しくはこちら】

過去の交通安全朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。