2013年

4月

19日

「瞬間視の限界」を知ろう

車の運転は、ご存じのように「認知」→「判断」→「操作」の繰返し作業で成り立っています。そして、交通状況を見る「認知」の段階で、見落としなどのミスをしないことが、安全運転につながっていることもご存じのとおりです。
 運転中は、いろいろなものを見て安全を確認しますが、その時間はほんのわずかで、ほとんど1秒にも満たない瞬間的に行われています。その間に、全ての安全を確認することはできません。
 図は、瞬間視の限界をテストするためによく使われるものですが、この図を2~3秒間見て、どんな文字や記号があったかを答えてください。
 よく見ている人で、5~6個くらいしか確認できていないのではないでしょうか。なかには、3~4個程度という人もいるかも知れません。ということは、それ以外は見ているが確認できていないということになり、結果的に見落としていることになります。

 つまり、どんなにしっかり見て確認したつもりでも、1秒程度の「瞬間視」では必然的に見落としが伴うということを理解しておく必要があります。
 では、どうすればよいのでしょうか。
 それは、どこに、どんな危険が潜んでいるかを理解し、目的意識を持ってその危険を探しにいくことが重要です。
 先の図で、「数字は何があるか」を確認するという目的意識があれば、瞬間視でも十分に確認できると思います。

(シンク出版株式会社 2013.4.19更新)

交差点における運転の危険度を自己チェックすることができます

交差点とその付近は、もっとも事故が多発する地点です。

 

 本冊子は、交差点における「右折」「左折」「直進」時の運転行動をチェックし、自分自身の行動の危険度を理解したうえで、運転目標を設定し、事故多発地点である交差点での事故防止を図ることができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。