2013年

7月

17日

他車の死角にいることを意識していますか?

 交通事故に遭わないようにする第1歩は、自分の存在を相手にわかってもらう、見てもらうことです。そのための方法はいくつかありますが、まずは相手の死角に入らないこと、見えにくい位置に長く留まらないことです。

 交差点を左折するときに、左側後方にいるバイクがサイドミラーの死角に入っていて、巻き込みそうになったり、ヒヤッとした経験があると思いますが、こうした事例も意外とバイクがサイドミラーの死角に入っていることが少なくないのです。

 

 バイクに乗っている人は、車のサイドミラーの死角に自分が入っているとは思っておらず、自分は車のすぐ真横にいるのだから、ドライバーからは十分に見られていると思っています。ところが、車のドライバーからは見えていませんので、左折するときにバイクと衝突する事故などが起こるのです。
 
 たとえば、四輪車とバイクを両方運転する人は、両車の死角や走行特性の違いがわかっていますので、バイクに乗るときには四輪車の死角に入らないように、見つけてもらいやすい走行位置をキープして走行しています。
 
 このように、他車の死角に入らないような努力を少しするだけで、随分と事故を少なくすることができると思います。

(シンク出版株式会社 2013.7.18更新)

交通事故防止教材のご案内

運転に対する「心構え」をチェックできます!

 

 安全運転で大切なことは、運転に対する「心構え」です。

 この自己診断テストは、「交通弱者に対する意識」、「自分自身を律する意識」、「法令遵守の意識」など運転に対する6つの心構えを、48の質問に「ハイ」、「イイエ」で答えることにより診断することができます。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。