2013年

8月

30日

カーブの先に駐車するのは危険!

カーブの先にいる駐車車両を予測しておきましょう
カーブの先にいる駐車車両を予測しておきましょう

 カーブといえば、郊外や山間部を思い浮かべますが、市街地にも小さなカーブがたくさんあります。カーブのなかには、先が見通せるところもありますが、建物などが死角になって先が見えないところも少なくありません。

 

 そんなカーブの先に車を止めている人がいますが、これほど危険なことはありませんので、絶対にやめましょう。

 

 先日、市街地の片側2車線の道路を走行しているときに、見通しの悪い小さなカーブに差しかかり、そのまま曲がって行くと駐車車両が止まっており、慌ててブレーキを掛けて停止するという経験をしました。

 

 そこから車線変更をしようとしたのですが、交通の流れが速くなかなか車線変更できずに難儀しました。直線道路なら予めタイミングをはかって車線を変えられますが、一旦駐車車両のうしろに停止した後では、難しいものがあります。
 
 車を止めている本人は、さほど危険に感じていないので止めているかもしれません。しかし、走行している運転者にとっては、カーブの先に車が止まっていると本当に迷惑ですし、ちょっとボンヤリと運転していると追突事故を起こしかねません。


 車を止めるときには、そこに止めることで他の車の通行を妨げていないかを考えてから駐停車するようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2013.8.30更新)

運転者心理の落とし穴に気づくチェックテスト

事故の原因を突き詰めていくと、その背景には「前車が止まるとは思わなかった」など、運転者の危険な心理が潜んでいます。

 

自己診断テスト「運転者心理に潜む危険をチェックしよう」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくと、運転者心理に潜む6つの危険について診断することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。