2013年

9月

06日

カロリーを摂り過ぎない食事習慣を実行しよう

  車の運転を長時間している人は、運動不足になりがちで食事時間もまちまちになりやすいために、肥満体になりやすいと言われています。
 肥満になるということは、確実にカロリーの摂り過ぎが原因ですので、まずカロリーの摂り過ぎ(食べ過ぎ)には注意しなければなりません。
 カロリーの摂り過ぎの原因は、食事習慣によるものが少なくありませんので、まず食事習慣を変えることが重要です。
 食べ過ぎを防ぐには、次のような食事を心がけてください。
①早食いしない
 ひと口ずつよく噛んで、ゆっくり食べることです。
 早食いすると、満腹を知らせるレプチンという物質が出る前に、食べ過ぎてしまうからです。
②間食しない
 食卓以外のところでは、食べ物を口にしないように心掛けましょう。間食すると余分なカロリーを摂取することになり、確実に食べ過ぎにつながります。
③ながら食いをしない
 ダラダラと食べていると、食べた量を忘れてしまいますので、つい適量をオーバーしてしまいます。

  最初に適切な食事量を決めておき、それ以上食べないようにしてください。

                                                               (シンク出版株式会社 2013.9.6更新)

運転をするにあたっての、心構えを見なおしてみましょう

運転に対する心構えを自己チェック!

 

 自己診断テスト「安全運転の心構えをチェックしよう」は、「交通弱者に対する意識」、「自分自身を律する意識」、「法令遵守の意識」など運転に対する6つの心構えを診断することができます。運転にあたって、どのような心構えが欠けているかを簡単に診断することができる交通テストです。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。