2013年

9月

13日

歩道は「歩行者の聖域」と認識しよう

  昨年5月、大阪市中央区で学童保育の指導員に付き添われ、3人の児童と縦1列で歩道を歩いていたところに、乗用車(66歳・男性)が奥にある路地に入ろうと歩道を横切る際に児童の列に突っ込み、当時小学1年生の女児が死亡するという事故がありました。


 さる9月27日、大阪地裁で開かれた裁判で、自動車運転過失致死罪に問われた運転者に対して、大阪地裁は「目視という最も基本的な注意義務を怠り、厳しい非難を免れない」として禁錮2年(求刑禁錮2年6月)の実刑判決を言い渡しました。


 この判決のなかで注目されることは、大阪地裁が「歩道を歩行者の聖域」と表現したことです。
 「歩行者の聖域ともいうべき歩道を通行する際には、運転手には万全の注意義務が課せられる。被告人はわずかな注意を払えば危険を回避できたのにそれを怠っており、厳しい非難は免れない」と述べています。


 しかし、現実の交通社会のなかでは、歩道は歩行者優先だとわかっていても、「歩行者の聖域」とまで思っているドライバーはほとんどいないのではないでしょうか。
 道路交通法では、歩道を横切る際には歩道の手前で一時停止を義務づけられていますが、実際に一時停止をしている車はほとんど見かけません。それほど歩道に対する意識が甘いということだと思います。


「歩道は歩行者の聖域」
 この言葉を胸に刻み込んでハンドルを握ってください。

                                                               (シンク出版株式会社 2013.9.13更新)

 

自転車利用者、ドライバー双方の教育に最適の教育教材

「軽く考えていませんか?自転車事故!」は、四輪車と自転車との事故の代表的な事例を6つ取り上げており、事例ごとにドライバー、自転車利用者双方にどのような過失 があったかを考え、どのような不安全行動が事故に結びついたかを理解することができる、ドライバー、自転車利用者双方の教育に活用できる教育用教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。