2013年

9月

27日

ひったくり犯に「10年間免許取消し」同乗者にも適用

 昨年10月に兵庫県明石市で女性2人のバッグをひったくり、転倒、負傷させた犯人に対して、兵庫県公安委員会が運転者や同乗者に対して、運転免許の取消しや取得禁止処分を行った、という報道がありました。


 平成21年の道路交通法改正によって、故意により車の運転で人を死傷させた場合、免許を取り消すことができるようになりましたが、今回の処分は、車を使ったひったくり行為で相手を負傷させたことが、故意に人を負傷させたと判断されたものです。


 故意による事故は、酒酔い運転や危険運転致死傷罪にあたる行為などとともに「特定違反行為」として非常に厳しい処分が科せられています。


 人を死亡させた場合には「運転殺人等」として違反点数が62点、人を負傷させた場合には「運転傷害等」として負傷の程度により違反点数が45~55点付加され、運転免許取消しになります。当然、それだけ運転免許を再取得できるまでの欠格期間も長くなります。


 今回の事件の運転者の場合、ひったくりの「被害者が全治15日未満の負傷」(45点)が2件と救護義務違反(35点)1件の計125点の違反に問われ、運転免許取消し期間は、最長の10年間になりました。


 同乗者2人については、運転免許証を持っていなかったために、運転者が重大違反をするのを助ける行為を行ったということで「救護義務違反そそのかし」違反で、欠格期間3年の処分となっています。3年間は運転免許を取得できません。「ひったくり」などの犯罪に車を使うのは、もってのほかです。

(シンク出版株式会社 2013.9.27更新)

■物流・運送・トラック・運行管理者・配車担当者用のスケージュル手帳

「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。カレンダーやメモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

一部の資料についてWEBサイトからより詳しいデータをダウンロードしていただけます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。