2013年

10月

04日

夜間の追越しは危険

 さる9月26日(木)午前0時45分頃、広島県三原市の国道2号線で、軽自動車が前を走行していた大型トラックを追い越そうと反対車線にはみ出したところ、折から対向車線から来た大型トラックと正面衝突する事故がありました。
 現場は、片側1車線道路で追越し禁止区間となっており、軽自動車を運転していた男性(男性・34歳)は、頭の骨を折るなどして死亡しました。


 なぜ、軽自動車が対向車が来ているのに追い越そうとしたのかわかりませんが、暗くて周辺の景色が見えない夜間では、対向車との距離や走行スピードなどを的確に把握するのは容易ではないので、追越しには大変な危険が伴います。
 遠くにヘッドライトの光が見えても、対向車までの距離は意外と近いものです。また、対向車のスピードも想像以上に早いものでアッと言う間に近づいてきます。
 さらに、夜間は道路形状が把握しにくいために、対向車の位置が正確には把握できません。前方がカーブになっていたりすると、対向車がその死角に隠れていることもあり、対向車が来ていないように見えることもあります。


 したがって、夜間の追越しは「追越し禁止区間」はもちろん厳禁ですが、追越し禁止区間でなくても、大変な危険が伴うということを認識しておく必要があります。

 よほど安全であるという確信がもてなければ、我慢するようにしてください。

(シンク出版株式会社 2013.10.4更新)

運転者の安全意識を高める教育資料のご案内

 安易な気持ちから生じる、不安全な運転行動により、事故を誘発したり大きな過失責任を問われることがあります。

 本冊子は、実際の事故例と判例をもとに、運転者の「低い安全意識」が「高い事故の代償を生む」ことをイラストを中心に分かりやすく解説しています。

 

 

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。